最近のトラックバック

マイリンク

オンライン状態

無料ブログはココログ

淡水魚

2009年12月19日 (土)

トビゲラの幼虫 砂と水草

Img_0578a トビゲラの幼虫である。詳しい同定はできない。この写真の幼虫は、砂を巣にしているものと水草(オオカナダモ)の葉を利用して巣にしているImg_0559a ものの2種である。この2種が同じ種なのか別なのか…。昨年水槽にいたトビゲラの幼虫には水草を利用したものはいなかった。なかなか成虫になった姿を見せてくれない。いつのまにかどこかへ行っているんだよね~。

2008年11月 9日 (日)

つつみがえしで鯉(コイ)捕り

写真がないのが残念ですが、今日、近くで堤返し(つつみがえし)があり、それに行ってきました。普段(というほどでもないですが)私が魚を捕っているところではない所、しかも違う川です。川とっても、その横にある農業用水のためのため池、まあ堤です。そこの水を落として魚を捕って食べちゃおうというもの。まあもちろん、食べるだけが目的ではないでしょうが。そんなこんなで、ある程度水が落ちた状態で、胴長はいて(子どもは素足で)ドロドロの泥のぬかるみに入りこみながら、鯉と格闘しながら魚捕り(網や素手)をしました。とっても楽しかったです。大きいものになると60cm以上はあったでしょうか。小さいものや食べないものはもうひとつ上流の堤に放流して、来年はそこの堤の堤返しです。さすがに11月。子どもは堤から上がると寒くてカチカチになっていました。泥汚れをややぬるい水で洗い、着替えて火にあたり、元に戻りました。大きな鯉3,4尾だったでしょうか、鯉のあらいや鯉こくに変わり、みなさんで食べました。おいしかったですね~。鯉の他には、フナやウナギやヌマエビなどがいました。他にもいたかもしれません。最初は、他の生物がどんなのがいるのか見てみたいと思っていましたが、食べることを目の前にしてしまうと、その興味がふっとんでしまいました。あはは。で、もともとカメラの準備もしていなくて写真なしです。

2008年10月12日 (日)

カワニナを食べるスジエビ(ヌマエビ?)

スジエビ(と私は思っている)がカワニナの子P1040252 どもをつんつんしていました。たぶん食べているのだと思います。普段は水槽の底をチマチマあせっています。フレーク状の魚の餌の残りなんかも食べてます。P1040176 でもカワニナを食べているところは初めて見ました。基本的に肉食だそうで、当然と言えば当然のことでしょうが。

ヨシノボリとは仲良く一緒に暮らしています。食べたり食べられたりなく、お互い無関心。P1040174

☆スジエビ関連ブログ☆

近藤スパ太郎の“スパブログ” http://spataro.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-d6d3.html

おかやどかり日記 http://miyukimama.blog.so-net.ne.jp/2008-09-27

ta meta tafhysika http://blogs.dion.ne.jp/kappappa/archives/7622238.html

徒然なるままに http://d.hatena.ne.jp/Kaz-Xeon/20080913

2008年10月 4日 (土)

オイカワの稚魚

P1040169オイカワの稚魚です。たぶん。昨年も同じ場所で捕獲した稚魚が オイカワになりましたので…。というかオイカワだと判明しました…。

P1040177よく見るとちょっと薄い青い筋(写真では黄色っぽい)があって、その下の腹から尾びれにかけてちょっと黒っぽいのと、そうでないのと2種類いますが、違う種類なのか雄雌なのか…よくわかりません。

☆オイカワの稚魚関連ブログ★

「じゃこび」のぐ~たら波日記 http://blog.risetex.com/kurage/shore/mono/eid267.html

ガレージ とのりん http://tonorin.hamazo.tv/e1449335.html

新NOBUNOBU写真談 http://gennai2.blog75.fc2.com/blog-entry-379.html

2008年8月24日 (日)

稚魚を食べるカワニナ

P1040105 今日、近くの川に久しぶりに魚を捕りに行った。魚といっても、カワニナや(ヤマト)ヌマエビも採取した。プラスチックの水槽に移して子どもと一緒に観察していると…なんとカワニナが稚魚(種類はわかりません)を食べているではないか!!カワニナは藻など植物性のものばかり食べるのかと思いきや…。ネットで調べると、死んだ魚も食べると書いてあった。なぁるほど、そうか~…いや?まてよ、この稚魚生きてたぞ。弱って底に沈んだのをパクっといったのかな?ま、とにかく身近なカワニナの食性。実は知らなかったこともあったのだなぁ。と思った一日でした。ちなみにこのあと全部は食べずに、ほとんど残して放置されました。

☆カワニナ関連ブログ☆

続アルテミア飼育日記 http://artemia.blog.shinobi.jp/Entry/420

月夜のゆづんぽ゚・*:.。シェパード優月と歩く道。.:*・゚ http://blog.livedoor.jp/itachimaru/archives/65089532.html

夜更けの備忘録 http://www.seotaro.com/blog/archives/2008/08/post-263.php

見えない風景。 http://invisiblescenery.at.webry.info/200808/article_24.html

ほぼ日刊そらいろ新聞 http://blog.sorairo-net.com/article/17786184.html

2008年7月14日 (月)

オイカワになったモロコ?

P1030581  P1030583昨年、川で捕獲した小魚が今春、正体が明らかになった。というのも、小さくて、よくわからなかったのが、今年の春に急に大きくなり、オイカワの特徴であるからだの模様やひれの様子がはっきりしてきたからだ。それまでは、メダカではないが…なんだろな?大きさ的に○○モロコ?と思っていた。3月ごろまでは体長3cmほどだったが、今では8cmはあるだろう。餌の食いつき方も激しくなったし。小魚時代(?)は、ヨシノボリから食われそうだったが(だから、同世代のヨシノボリとは一緒にしていたが、でかいヨシノボリとは水槽は別にした)、たくましくなったものだ。

オイカワ関連ブログ

タナゴとともに… http://d.hatena.ne.jp/mytanago/20080709

近江フィールドワーク http://blog.goo.ne.jp/ryu-oumi/e/e3b4a6f52d7a8dd1169e43a9e944607d

新ネオンのMU・鉄道日記 http://star.ap.teacup.com/neonm/911.html

I solation Room http://jailbird.sakura.ne.jp/blog/log/eid835.html

メンの野遊び入門+ http://black.ap.teacup.com/noriaki/1308.html

2008年5月24日 (土)

ミヤマカワトンボの幼虫か?

P1030434 先日、川から捕ってきたミヤマカワトンボと思われる幼虫。最初の目的はヌマエビの採取だった。川岸に生えている植物を下からなでるように網ですくっていたら、一緒に捕れた。今はモロコやヨシノボリと同じ水槽に入れているが、お互いに何も干渉しないのでまあいいかと思っている。合計3匹の幼虫たち。大きさが違うが1年物2年物という違いだろうか…。成虫になるまで3年ほどかかるそうです。

ミヤマカワトンボ 関連ブログ

自然ウォッチングhttp://blog.livedoor.jp/yoji_horie/archives/51920787.html

生き物観察記http://blogs.yahoo.co.jp/amphibia6/55162118.html

月に叢雲 花に嵐http://mmlaboblog.exblog.jp/8637401

ポンポン山の森からhttp://sikanome.blog.shinobi.jp/Entry/80

トウヨシノボリ

P1030465_3 昨年の夏に捕ったトウヨシノボリ。その時はどの種類のヨシノボリなのか分からなかったのが、最近になって、急に大きくなりだし、尾びれの付け根にオレンジ色(橙色)、全体的に青みを帯びた黒っぽい体色が特徴的になってきた。同じ水槽にヨシノボリ達が10匹程いるが、これだけが、このような色になった。他のヨシノボリはこのような色ではない。ただ顔のラインはどのヨシノボリも同じようにしている。そしてヒレのしなやかさ(?)もこれが柔らかい感じ。とにかく美しい。他のヨシノボリ達はなんて種類かな?

トウヨシノボリ関連ブログ

ぐるにゃん!:よしのぼりhttp://gurunyan.exblog.jp/7928070

夜更けの備忘録http://www.seotaro.com/blog/archives/2008/04/post-241.php

近江フィールドワークhttp://blog.goo.ne.jp/ryu-oumi/e/3151073d8c245d266699c7831279e0ff

2008年5月22日 (木)

ヌマエビ

P1030433 ヌマエビをつかまえた。

今は小さな昆虫用?の水槽にオオカナダモや小さなカワニナと一緒に入れている。全部で4匹。

エアーレーションはしていない。

餌は特に必要ないのだが、川魚のえさ(粒)を入れると、その餌を「カキカキ」している姿を時々見る。

脱皮をした後の殻を何か不明な生物(枯草の小さいものを背負っているような体長3ミリぐらい)が食べていた。これ以外にもよくわからない小さな生物たちがうにょうにょ動いていたりする。

2008年5月12日 (月)

成長しない?ヨシノボリ

昨年近くの小川から捕ってきたヨシノボリ。捕ってきたばかりの写真もこのP1030436ブログにあります。

大きさ変わらず(約5cm)。これがもう成魚かな。寿命はどれくらいだろうか?

現在のえさは、赤虫、テトラミン、GEXの川魚のえさ、ごくたま~に天然の川の小さな小さな 生き物たち。

昨年からいる小さなヨシノボリ達も10匹程度いますが(別水槽)、こちらはまだ、このヨシノボリより小さい(2.5cm~4.5cm)。そしてスマート。種類が違うのかな?

採取場所:厳木川(佐賀県)へ流れ込む支流

より以前の記事一覧