最近のトラックバック

マイリンク

オンライン状態

無料ブログはココログ

スポーツ

2007年12月28日 (金)

九州新幹線長崎ルートの必要性

武雄、嬉野以外の佐賀県の人にとっては必要なし。

武雄、嬉野、大村、諫早、長崎の人にとっては必要。

ただし、佐賀から長崎によく行く人には必要かも。

要するに時短効果がないじゃないか。特に博多佐賀間には。費用の割には。だれだって疑問だよ。なぜこれが理解できないんカナ?長崎県との今後のお付き合いが悪くなるからかな。まさか、だけど、時短効果がないのが、現実的に一般の人に理解できるように、白いかもめは長崎本線からなくなって、ハイパーサルーンさえなくなって、ディーゼル走らせて、「ほらこんなに時短効果があるじゃないか」って事しないだろうね…。やだよ。佐賀博多間を利用する人は、新幹線絶対乗らない。趣味的、子育て的(子どもが乗りた~いとか言ったとき)では乗るかもしれないけど。2~5分の為に余計にお金払わないって。

新幹線推進の立場から見れば、JR九州ががんばって開発し、人気があり、振り子による時短効果もある「白いかもめ」があだになってるね。はっきし言って、白いかもえで十分。というか十分すぎる。白いかもめかっこいいし速いやんか。プラレールの白いかもめだって新幹線並みに速いで。2スピードスイッチだし。(この辺は冗談で言ってますけど^^;)

と、こんなことみんなが言っているのに、なぜ新幹線にこだわるのか…。

将来的には鳥栖(新鳥栖)武雄間も広軌になるかもしんない。そうなると少し話は変わってくるかも。時短効果はややましになる。それでも費用対効果には疑問だが。

大阪、岡山、広島あたりから直通って話もよく聞く。でも本数は?停車駅は?

それよりも新幹線ってことではなくて、嬉野や武雄の人たちにとってもっと身近に使えるように、通勤通学電車走らせるために狭軌にして駅少し増やしても良いと思うけど。地元の人はどう思ってるのかな?私だったらその方がうれしい。飲み会の帰りにも気軽に使えるし。で、もちろん特急も走らせて。高架で踏み切りなく作ったら、サンダーバードみたいに最高速度130kmではなく160kmぐらいOKになって。博多長崎間の時短効果も割と確保できて、しかも生活密着路線。もっと上手に使えんかな~。やっぱり新幹線必要ってことになったらときのために、将来的に広軌にできるような高架作ってたらいいやん。

とにかく唐津方面にとっては全くメリットがない話。新幹線より唐津線の電化と路線改良して佐賀唐津間を50分以内で結んでよ!って結局自分が良けりゃのえふでした。新幹線推進も自分が良けりゃ…だけどね。ま、実際新幹線走ったら乗りに行くだろうね、やっぱし。

☆新幹線推進ブログ

http://yaplog.jp/ben_tomioka/tb_ping/47

http://blogs.yahoo.co.jp/ghmf125/trackback/1672205/19064849

☆新幹線反対ブログ

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136512/17400471

http://www.kqtrain.net/a-blog/tb.php?ID=1420

http://blogs.yahoo.co.jp/nao11061035/trackback/845676/33413179

☆どっちかわかんないブログ

http://app.blog.livedoor.jp/hiroshi_fromsaga/tb.cgi/28208028

2007年7月 8日 (日)

サガン鳥栖第2クール終了

草津戦は審判さえしっかりしていれば勝てる相手!いい時間帯に点が入ったね。逆にいえば相手からすると悪い時間帯。サガンもこの悪い時間帯に点を取られることが多かったので、この試合は、その逆だったわけだ。前半は危ない場面があったけれど、後半は完全鳥栖ペース。やられる気配なかったね。

第2クールが終わった。第2クールだけだったら4位のサガン。今のところ、7位だが、第1クールを考えると、よくここまで上がってこれたなと思う。第1クールでやられた相手をばったばったとやっつけていくところにしびれたなぁ、やっぱり。印象的なのはアビスパ福岡戦だね。私からすれば、アビスパは敵の中の敵。悪玉の中の悪玉。フューチャーズ時代の怨念が尾を引いていますね。トトを買う時も例え水戸や草津相手でもアビスパ勝利にマークするのに抵抗あります。過去のことは詳しくは「夢がある」を読もう。それはさておき、第1、第2ともやられた相手が札幌と湘南。第3クールはこの2チームをやっつけてもらいましょう。これからもがんばれ!サガン鳥栖!

2005年12月 5日 (月)

サガン鳥栖エンブレム

やっと発表になりました。新しいサガン鳥栖のエンブレム。

前のより断然かっこよくなりました。ピンク色も残っているし、強く、たくましく、美しい印象です。

サガン鳥栖が誕生して9年。SAgANTOSUの「g」は子鳥がくちばしを上に向け、親から餌をもらっている様子。それが立派な親鳥へと成長した…と印象付けるような、そんな感じです。

安定し、しかも新しい風、センスが光る会社がバックに入り、10年目以降のサガン鳥栖はこれから巣立ち、自分から餌を求めるようになりました。

これから本当にJ1へ挑戦できる環境が整いました。

ますます楽しみなサガン鳥栖。来季は今季以上に期待が持てます!!