最近のトラックバック

マイリンク

オンライン状態

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月 8日 (日)

写真付きアイスボックスの作り方(ホワイトデー手作りクッキー)

先日、文だけで書いたアイスボックスの作り方。

今回は写真も付けます。ただし量が多い。文と写真の位置関係違うかも。さらに!男のお菓子作りってなかんじでかなりいい加減というかテキトーというか…。

お構いなしにとにかく順番でいきます!

1 1.砂糖100g量ります。ボールを電子天秤に乗せて「0」セットしたあと、砂糖を入れれば砂糖だけの「100g」が量れます。そんなの知ってますね。きちぃっとやりたい場合は、グラニュー糖を使うか、ふるいかざるを通してさらさらにしておくとよいでしょう。私的には実感としてよく混ぜれば問題ないかなとも思います。

2 2.卵1つ入れます。卵のサイズはどれでも良いです。ウズラやダチョウはダメかな。もちろん、別の容器に割ってある程度かき混ぜてからボールに入れるのが良いのでしょう。殻が入っちゃいけないし。でも洗い物増やしたくないので直接投入!しっかりかき混ぜます。

3 3.レンジで100gのバターを溶かします。これも本当なら早めに冷蔵庫から出しておいて自然に溶かすのが良いのでしょう。でも面倒なのでレンジでチン。「強」で約1分。レンジの中を見ながらある程度溶け出したな…と思ったら止めます。最初に砂糖を量る前にしておいた方がいいかな。

4 4.バターを入れてよくかき混ぜます。レンジで熱くなりすぎたバターをすぐに入れると、卵が一部固まっちゃうおそれがあるので注意。

5 5.バニラエッセンスを入れると香り付けにいいですね。量はお好みですけど、まぁ5回程度振り振りするくらい。

6 6.今度は小麦粉を入れます。全部で200g入れますが、一度に入れると混ぜにくくてボールから「ぱふっ」といいながらこぼれることも考えられるので、まずは100g。ここでも本当はふるいをかけた小麦粉の方が「ダマ」になりにくくていいのですが、これまた面倒くさいのでそのまま投入!ただ、砂糖と違ってこちらは本当にふるいにかけた方がいいと思います。私はしませんが。

7 7.ベーキングパウダーも忘れずに。茶さじ1杯分。私の場合、きちっと量らずに袋から「こんな感じかな~」くらいの精度です。でもあまり多すぎると焼く時に膨れすぎて、隣に並べて焼いているクッキーとくっつきます。隙間を多く開ければいいですけど、一度に焼く量が減るので時間の無駄です。

8 8.再度小麦粉100g。これで合計200g。最初の100gの時もそうですが、あまり力入れて早く混ぜ合わせようと頑張りすぎると、焼いたときに固いクッキーになってしまいます。上品にさらりさらりと混ぜましょう。

9 9.プレーンであればこの工程は必要ありませんが、チョコチップやゴマやココアパウダーなどはこのタイミングで入れます。今回はココア。ココアの場合、ミルクココアや純ココアがありますが、ミルクココアの場合は最初の砂糖の量を減らした方が甘すぎずいいかもしれません。どちらのココアにしても、小麦粉の量を少し減らした方がよいかも。私はあまり気にしないし、普段はこの工程にくるまで何を入れるか決めていないこともあるので、砂糖100g、小麦粉200gのままです。クッキーの場合、各材料の量が多少違ってもケーキみたいに失敗!ってことにはならないので、気にしなくてもよいです。

10 10.だいたい混ざったらボールの中で3等分します。

11 11.3等分したうちの1つをクッキングシートの上に写真のように棒状にします。小麦粉や(この場合)ココアの量、気温、湿度によっては手にべたつくこともあります。でも手にバターっ気があれば大丈夫かな。クッキングシートは焼く時に使うので、オーブンの大きさに合わせて切るとよいでしょう。

12 12.くるくる巻いて、両端を写真のように絞ります。すると生地がなんか引き締まった感じになります。このときカクカクに巻くと四角や三角のクッキーになります。いろいろな巻き方があってもいいですね。これを冷凍庫に入れます。あと2つも同じようにくるくる巻きにします。

P1040444 13.焼くのは次の日以降にしましょう。というわけで、ここまでで今日は終わり。続きは…いつUPできるかな?ちなみに写真のようにココアとプレーンを組み合わせて巻くと、焼いたときに模様がついて楽しいですよ。

☆アイスボックスクッキー関連ブログ★

焼き菓子diary http://www.cakepia.info/blog/yakigashi/11410.html

zensaku10chan.com http://zensaku10chan.cocolog-nifty.com/zensaku10chan/2009/03/post-5a24.html

サラリーマンの落書き日記 http://blogs.yahoo.co.jp/galleon_99/47240950.html

パンとお菓子と私。 http://ameblo.jp/breadandcakelabo/entry-10216161613.html

Wonderful senses revival time http://senses.exblog.jp/10987952

じゅんこのあしもと http://junko-tsu.cocolog-nifty.com/blog/2009/02/part2-95c8.html

☆あ~るママず COOKING NOTE☆ http://rmamascooking.blog82.fc2.com/blog-entry-351.html

れみどりの☆楽・音・食・眠☆らくおんしょくみん http://plaza.rakuten.co.jp/lemidori/diary/200902210000

オモウソラ http://usastreet.blog42.fc2.com/blog-entry-652.html

空飛び猫の戯れ言 http://blog.livedoor.jp/soraneko07/archives/55225109.html

みゆの日々の出来事 http://blogs.yahoo.co.jp/miyunokokodakenohanasi/60252029.html

スツールのニス塗装

P1040421 以前作ったスツールにニスを塗ってみた。アサヒペンの水性ニス(ライトオーク)を使い、2度塗りしたもの。2度塗りは、1度目で浮き上がってきた毛羽立ちを再度サンディングしてきれいにした後に再度塗るため。本当は400番程度のサンドペーパーでサンディングしてから塗る方が良いのだが、面倒なので80番で済ませた(これもどーかという感じだが…)。ただでさえ楽チンな水性着色ニスなのだけど…。

2009年3月 2日 (月)

ホワイトデーは手作りクッキーかな、やっぱり

私の定番の手作りクッキーは「アイスボックスクッキー」である。生地を冷凍しておき、焼きたい時にすぐ焼けるから何かと便利。

材料

小麦粉200g、砂糖100g、バター100g、卵1個、ベーキングパウダー茶さじ1杯

お好みで、ココアパウダー、チョコレート、ごま、等

作り方

1.砂糖と卵をゴムべらを使ってボールの中でかるく混ぜる。

2.バターを加えてまんべんなく混ぜる。事前にバターを冷蔵庫から出しておいて室温に…というのが面倒なので、混ぜる前にレンジでチンする(約30秒。様子を見ながら溶けだしてきたらやめる)

3.小麦粉とベーキングパウダーを加える。ボールの大きさにもよるが、一度に全部入れると混ぜるのが大変なので、2回に分けて入れるのがよいだろう。

4.ゴムべらで切るような感じでかるく混ぜる。もちろん混ざっていない部分がないように。あまり混ぜすぎると焼いたときに固いクッキーになる。

5.ココアパウダーやチョコなど、お好み材料はここのタイミングで入れる。もちろん、何も入れなくてもよい。

6.できた生地を3等分し、そのうち1つを20cm出して切ったクッキングシートの上に丸棒状に置き、丸める。シートの両端を絞って形を整える。これを3本作る。

7.冷凍庫へ。

8.次の日、2日後でもよい。いやもっと置いていてもよい。ま、どーでもいいけど、とにかく固まったら(焼きたくなったら)、シートから生地を取り出し、固いうちに包丁で輪切りにして。使ったシートをオーブンのトレイに置き、その上に並べて焼く。オーブンにもよるが200度で10分?最初は様子を見ながら、オーブンの性能にあった時間や温度を見つけよう。

※無駄になる生地を最小限にするため、後での洗い物を減らすために、皿(耐熱、バターをレンジでチンする用)、ボールとゴムべらだけで作れる。

文字だけで作り方分かったかな?

実際に作ったら写真をつけます。

今週末かな?お楽しみに。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »