最近のトラックバック

マイリンク

オンライン状態

無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月22日 (日)

手作り電灯

P1040413  前回の懐中電灯が、やはり本人なりにちょっと満足いくものではなかったのか、それとも新しい物を作りたくなったのか、今度は「電灯」を作ると言い出した。今度は食品トレーを台にして制作。前回の懐中電灯と違うところは、電池ボックスとスイッチを別にしたところ。この関係で配線を長くする必要がでてきて、接続は収縮チューブを使った。チューブに接続部分を通し、ここをドライヤーで加熱。収縮して線を押さえつけることができる。P1040415電池ボックスとトレーの接続は両面テープ(強力タイプ)、スイッチと導線ははんだ付けをした。今回は、私ははんだ付けと皿小ねじの取り付け、ドライヤーだけをして、その他は2人で協力したり、息子が自分でした。はんだ付けの前のペースト付けも息子。まずまずの出来かな?でも何に使うんだ?

手作り懐中電灯

P1040412小学1年生の息子は工作が好きだ。 その中でも最近は「電気」に興味を持っている。ホームセンターに行くと、工作コーナーへ行っては工作キットを眺めている。今回は、キットではなく、材料を一つ一つ揃えて作ったペットボトル懐中電灯を作った。初めてだったので息子はほとんど手を入れず、イメージだけ持っていたので、そのイメージを元に私が作ってみた。ペットボトルの底が何となく懐中電灯のように見えたからだろう。こんな形になった。しかし電池ボックスが外にあるため、なんとなく重心が偏ってて持ちにくい。本人もできてすぐは寝るときなど枕元までよく持って行っていたが、今はのかごの中に入ったままである…。

2009年2月21日 (土)

スツール作りました。

P1040408 「ドゥーパ」2月号に載っているスツールを作ってみました。材料はSPFの2×4。寸法、作り方は「ドゥーパ」にだいたい載っている通り。ただ、電動丸のこを持っていないので、直線は手のこで切りました。疲れてくるので、はまってせずに少しずつやって製作期間は2週間(土日だけだから実質3日)。ジグソーは買ったので座面の円形はジグソーでしました。しかしかなりうるさいので近所迷惑。他にはドゥーパにないこととして隠しクギをチーク丸棒でしました。

さあ次は何を作ろうかな?

2009年2月 2日 (月)

棚作った

P1040373 棚を作った。SPF材の1×4と1×2、合板を使った。作るきっかけは、子どもたちの「科学」や「小学1年生」の付録を片付けること、それに、紙やカッター、パンチなどのクラフト材料、道具を整理するため。100円ショップのA4サイズのかごが横に3つ、縦に16?段おける。木材はホームセンターでカットしてもらえるが、買った時にはサイズが未定だったので、そのまま持ち帰った。電動マルノコやジグソーを持っていないので手ノコで切った。手で直角は難しいので「ソーガイド」というジグを使った。棚と棚の間隔は約10cm、1枚の棚の幅91cm、奥行40cm。棚板は合板で、外枠ができてから買ったので、サイズが分かっていたからホームセンターで切ってもらった。棚板は取り外し可能。材料費約7,000円。木材のほかにコーススレッド、木工ボンド。道具は、手のこ、ソーガイド、サンダー、ドリルドライバー、インパクトドライバー。制作日数1日。

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »